本格エンターテイメント時代小説作家:風一
K's-Agencyメンバーログイン 本格エンターテイメント時代小説作家:一志晶綱へのお問い合わせ
本格エンターテイメント時代小説作家
 
 

第四章    産土(うぶすな)の地へ

 六月三日、光秀は上立売大宮東入の阿弥陀寺に行き、面誉上人に砂金二袋を寄進し、本能寺や二条城で戦死した敵味方の霊を慰める法要を行う。
 その日、伝奏中納言難波宗豊は、四方征討の勅許を光秀に下されるようにと、正親町天皇に奏上した。
 六月四日、権大納言難波宗豊、権大納言久我吉道、少将土御門道重らが勅使として光秀を訪れ、征夷大将軍宣下の勅諚を伝達する。
 安土城に入った光秀のもとに勅使吉田兼見が下向して正親町天皇より下賜された緞子一巻を届けた。
 しかし、その後の歴史は、秀吉が塗り替えた。
 六月十二日、中国戦線から急遽軍を返した秀吉は摂津富田に野陣を張り、全軍の部署を決定する。
 その日、光秀は山崎に置いた兵を円明寺川の線まで後退させた。山崎の隘路部で秀吉の進入を食い止めるより、引き込んでから敵中枢部に集中攻撃をかけた方が良いと考えたからである。 
 両軍対峙のまま一夜が明けた。正午過ぎ、神戸信孝と丹羽長秀が富田へ到着する。
 戦端が開かれたのは午後四時であった。光秀軍の右翼先鋒並河易家・松田政近隊と秀吉軍の左翼(天王山山の手側)先鋒高山重友・中川清秀隊が激突、山崎へ馬を進めた秀吉が突撃命令を下す。
 光秀軍の中央先鋒は斎藤利三・柴田源左衛門・阿閉貞征らの部隊で、明智主力部隊である斎藤利三隊には、北畠旧臣らも家の子郎党七十余を引き連れて参戦していた。
 秀吉軍の右翼(川の手側)池田恒興・加藤光泰・木村隼人・中村一氏の四隊が淀川沿いに急発進して、明智勢の左翼から主力斎藤隊を包囲する。
 明智の左翼はなぜか手薄であった。斎藤・阿閉隊を中にして中村一氏・一榮兄弟の鉄砲騎馬部隊が集中攻撃を加える。斎藤利三は懸命に奮戦したが堪え切れず、次第に崩されていった。
 旧幕臣・伊勢与三郎貞興、諏訪飛騨守盛直、山本対馬守秀勝らは斉藤隊と並河・松田隊の中間右備に布陣して戦ったが、中川・羽柴秀長隊の猛攻を受けて戦死した。
 御牧三左衛門景重は総崩れの後、光秀に勝竜寺城への退却を進言して討ち死に、溝尾勝兵衛らと勝竜寺城を脱出した光秀は再起を図るべく坂本城に向かうも、途中小栗栖で土民に襲われて落命する。
 日の傾く頃、終戦、その後、逃亡を続けた斎藤利三は十七日に京都白河の民家において自決した。
 利三に請われて明智の主力部隊に身を投じた北畠旧臣八十余名は、先手として円明寺川(長岡京市)に沿って前進した。しかし、鉄砲部隊に猛攻を加えられて苦戦、芝山秀時、大宮吉守、同光成、松永秀次、大嶋頼通、蔵原森信、家城頼高、稲尾時秀、鈴木重家、畠山高重ら十名は総崩れの後、市中に敗走、西天王寺の山中や揚谷観音の近くで掃討されて戦死、鳥屋尾蔵之助は生死不明、従う郎党は皆立ち腹を切り命果てた。

 和歌の浦から四国に奔る明智の落ち武者の中に、山崎でただ一人生き残った北畠の旧臣安保直親の姿があった。長宗我部を頼る一行は阿波で下船したが、直親だけは志度まで行き、更に二度ほど乗り継いで備後鞆津へ渡った。そこには北畠具親と奥方波野姫がいたからである。
 
 津之郷西深津の北畠館で具親に目通りした直親は、本能寺の変後の山崎の戦いで斉藤利三の先兵として身を投じた旧臣八十名が戦死したことなどの一部始終を報告し、口を極めて説いた。
「伊勢に御戻りくださりまして、信長死後の混乱に乗じ、もう一度お家再興の挙兵をなさりませ。今が好機にござります。山崎で戦死した者たちの魂に応えるためにも是非とも旗揚げを…」
 具親は、年若い芝山秀時と大宮吉守が戦死していることを聞き知り、先ず、悲嘆にくれた。
 二人は誰よりも信頼のおける忠臣であった。
 一度敵軍に持ち去られた兄具教の首級を三瀬の山麓で奪い返し、尾噺峠を越えた野々口で芝山秀定に託して埋葬を頼み、即刻、自分の所へ駆けつけてくれた。あの時、秀時の父秀定は追手と渡り合い、ついに滝壺に身を投じている。
「芝山父子の死を無駄にしたくない…」
 具親は悲痛な声を上げた。自分が何もせぬところで信長が死に、明智が討たれ、家臣の多くが死んでいった。
 何もせぬでは家臣に面目が立つまい。挙兵の行動を起こさなければ自分の気持ちが収まらぬ。
『信長も死んだことだし、お家再興が成るか成らぬかはやってみなければ分からない。やってみてだめなら諦めもつく。戦いに果てれば、そこが己の死に場所となる』
 ついに具親は二度目の挙兵を決意した。
『御家再興の戦いに果てれば、そこが己の死に場所となる』
 その思いは、多くの同士を一時に失った安保直親の一途な思いでもあった。
「故郷の地に骨を埋める覚悟で帰郷いたしとうございます。今日を限りとしてお暇頂戴仕る」
 八月に入って涼しくなると、具親は津之郷蔀山居館に行き、将軍義昭や義治らに別れを継げた。出発に際して、具親は正室波野姫を同行させることにした。
 二度と、鞆津に帰ることはない。御家再興がなるかどうかわからぬが、成らぬときは妻とともに戦いに死のうと覚悟する。
 しかし、当年六歳の嫡子鞆麿は妻の妹久野姫や亀千代、明応丸などと一緒にその地に残すことにして、くれぐれも道途に飢え凍えることのなきよう、その世話を義兄義治に依頼する。
 出発に当たり、武田信景の訃報を聞いて以来、すっかり生きる力を失っている妹久野姫を残して行くことに波野姫は後ろ髪引かれる思いであった。しかし、夫とともに御家再興の戦いに身を投じることが、正室波野御前のなさねばならぬことと心を引き締めて出立した。三人は高見峠を越えて川俣谷から南伊勢に潜入する。
 飯高の山々に繁茂する新緑が六年ぶりに帰郷する具親を圧倒した。先の戦いで川俣谷の武士団はほとんど討ち死にしている。この谷の土豪で、頼みとする鳥屋尾義信も山崎の戦いで生死不明になっている。具親は急に心細くなった。
「これ以上、この谷の人々を無駄死にさせてはならない」
 具親の心中に不安と焦燥の暗い翳が兆した。
 具親・波野姫夫妻が安保直親の自城である五箇篠山城(勢和町)に匿われたのは、八月もやがて終わろうとする頃である。二人は早速、一族や義故を集めて密かに兵を募り、戦備を進めた。
 しかし、わずかに生き残った者が狭い耕地で細々と帰農し、山に分け入り杣(そま)人(びと)となって生計を立てているにすぎない。すぐに同志が集まるとも思えない状況であった。
 一方、十津川村に亀寿丸を守って避難していた国司家の女佐の臣与志摩は、一志村波多の横山の御台屋敷のことが気になり、亀寿丸と若葉は、お槇やお多紀、それに鶴千代に任せることにして、與次郎と一時、戻って見ることにした。五年ぶりに帰る御台屋敷は、荒れに荒れ、無人の廃墟と化している。早速、二人して風雨に傷んだところを修理することにした。與次郎に板をもたせ羽目に打ち付けていると、木戸を開けて老人が入って来た。
「やっと戻られたか、与志摩殿…」
 すでに腰の屈まったその老人を良く見ると北畠国永であった。
「おお、国永殿、お元気でなによりじゃ…」
 与志摩は手を休めてしばし久闊を叙した。
「与志摩殿はこのお屋敷でお生まれになった具房様が亡くなられたことをご存知か…」
「いや…」
「そうか…。具房様はな、三年前の一月五日、幽閉先の蟹江の滝川本城でお亡くなりになった。三十四の若さであった…」
「そうでござったか。それがし、女佐の臣として松姫様にお仕え致しながら、お方様をお守りすること叶わず、そればかりか、嫡男具房様のお役にも立てず甚だ心苦しく申し訳なく思っております…」
「…そう、ご自分を責められまするな。そなたには観音寺のお屋形様ご一族をお守りする大切な役目がござった。これまで随分ご苦労をなされたことであろう…」
「…国永殿とて、主家滅亡の後は、大変でござりましたな。ご子息具就殿は如何お過ごしでござるか…」
「倅は死んでしまいました…。北畠のお方様がご自害なされて、与志摩殿が伊賀の観音寺様に連絡に発たれたその日、倅が死んだという通知がござった。しかし、何故、倅が死んだのか、どのような有様で死んでいったのか、それがしには、今も、さっぱり分からぬのでござる…」
「…今の今までご健在と思うておりました…。なんとお悔やみ申し上げたら良いやら…」
「あれは永禄二年の秋でござった。与志摩殿が丹精込めて活けた白菊の花をお方様と詠み交わしたことがある。その時、お方様は元服前の具房様のことをいろいろとお頼みであった。お方様のお言葉に従い、ただただ具房様をお守り出来ればと倅を近侍させたが、お方様の願いを叶えることは出来なかった。申し訳なく思っているのはこのわしも同じこと」
 
 国永は具教の命日にも、子息具就の命日にも歌を詠まなかった。

 しかし、具房が死んだ天正七年正月五日、南無阿弥陀仏の名号を五文字の上に据えて、七首詠じている。
 
 不遇の具房に、同じ三十代で戦死した二人の息子を重ねたのであろう。息子を亡くした深い悲しみは、具房という触媒を得て、ようやく言葉として発露されることが可能であったのだろか…。

 もとよりも 帰らぬ道に ゆく人と しりても今ぞ 更に驚く


第三章へ ←    第四章    → 第五章へ
Copyright 2006 Ichisi Akituna_comm ALL Right Reserved..