本格エンターテイメント時代小説作家:風一
K's-Agencyメンバーログイン 本格エンターテイメント時代小説作家:一志晶綱へのお問い合わせ
本格エンターテイメント時代小説作家
 
 

第七章    国司家粛清さる

 天正四年正月三日、御台屋敷に国永が立ち寄った。国永はお松御前の生んだ具房が、織田方にあって信雄の養父として待遇されている関係で、何かにつけて御台屋敷を訪れ、お松御前を元気づけていた。新年を寿いだあとで、国永が一首詠じる。

 ことのほか 波のしハぶき よせてけり 七十(ななそじ)にわが ミつのはま風

 老齢になって押し寄せる激変の波は、それはもう大変なものです。私もとうとう七十になってしまいました。お松御前の前で、国永はおどけて見せた。
 この日、与志摩は具教のもとへ年賀に赴くことにしていた。国永に、三瀬谷に行くことを勧めると、多気までは同道すると言うので午後から出かけることにした。
 棄却されて人影のない多気の城跡を通る。モノクロームの中に遙か志摩青峰山が吹雪に霞んで見えた。

 人めかれ 花も夢とし ちりゆかば さびしかるべき 春のふるさと

 故郷(ふるさと)は 雪とこそなれ ちるはなを さそふ青根が 峯のあらしに

 国永が多気まで同道したのは、故郷である新年の多気の風物に触れて見たかったためである。この頃、国永は、榊原に自分を庇護してくれている庸安院殿(木造具康)の恩義に応えて、具教方の機密情報を漏らしていた。このことが庸安院殿の継子になった晴具の三男で、具教と敵対する弟木造具政に流れて、鳥屋尾石見守が武田信玄と交わした密約などの情報なども織田に漏洩した。

 多気から一人馬で駆け、夕刻、三瀬谷に着いた与志摩が具教に年賀の挨拶をしていると、早馬があって、具教の名代として岐阜の城へ年賀に訪れた鳥屋尾石見守満榮が、城内で信長に刺殺されたと急を知らせた。

 同四年八月、九鬼嘉隆は志州鳥羽から安土に呼び出された。すでに滝川一益が先着して控えている。小姓衆らが一糸乱れず入ってきたのと対照的にどかっと座った信長は直ちに命令を下す。
「火に強い南蛮船を造れ。甲鉄を張りつけた大安宅船じゃ。今までの安宅船三艘がすっぽりいる程の大きさの南蛮船に射程距離のある大筒を数門搭載する。海の出城と言えるほどの甲鉄船を造れ。攻撃、防御とも敵に数段勝らねば戦には勝てぬ。よいな」
「ははー」
「一益を造船奉行に命ずる。大安宅船は伊勢の大湊で造れ。大湊の船大工は造船技術に長けている。それに伊勢で造るのは毛利に気取られぬためでもある。先に北畠の筆頭家老鳥屋尾を始末しておいたのもそのためじゃ。鳥屋尾の誅殺を知り、北畠の反動分子が騒いでいると聞くが、織田に馴染まぬ者は具教ともども近いうちに粛清する。完成までには一年はかかるであろう。その間、わしは雑賀党を粉砕する。嘉隆は心置きなく甲鉄船を造れ。造れるだけ造るのじゃ」
「ははー」
 両名は恐懼してその場を引き下がった。
 
 鳥羽に帰った九鬼嘉隆は熊野海賊衆の東熊野西牟婁群安宅の安宅氏、奥熊野北牟婁郡尾鷲裏の向井氏、さらに鵜殿の新宮党などの本流傍流を招集して、巨大戦艦の造船に乗り出した。
 八月の終わり頃から、九鬼嘉隆は支配下にある海賊衆を大湊に集結、大湊七ケ村から四、五百人の人夫を出させて、海岸に大きな穴を掘らせ始めた。
 一ヵ月ほども掘り続けると巨大な窪地は空堀のように大きくなった。
 十月になると、これまた同数の船大工たちが空堀に入り込んで船底を組み立てる作業に取りかかり、十一月に入る頃には、六艘分の巨大な木組みの龍骨が、空堀の様な窪地に所(ところ)狭(せま)しと据えられていく。龍骨が完成すると、信長は滝川一益を安土に呼びつけ大湊の甲鉄船の進捗状況を糺した。
「はー、遅滞なく進みおります」
「甲鉄板は何時張るのじゃ」
「目下のところ関の鉄匠らの手により大湊に運ばせおりますれば、年内には着工できるかと…」
「ならば北畠一族の殲滅を急がねばなるまい。甲鉄船の存在が、毛利や武田に漏れては水泡に帰する。田丸(度会郡玉城町)の信雄、大湊の一安に具教を葬るよう通達せよ」
「承知仕りました」
 信長より北畠一族の暗殺指令をうけた一益は、直ちに、築城中の伊勢長島城に戻り、与えられた任務を達成するため信雄の重臣滝川雄利、柘植三郎左衛門らと謀議を重ねた。
 信長の命を受けた九鬼嘉隆が大湊で巨大戦艦数艘の造船に邁進していた時の北畠の船奉行は佐々木宇右衛門の子の三蔵である。熊野海賊衆に巻き込まれぬよう具教が与志摩を仲介者として承禎に人選を依頼した宇右衛門と一族郎党であったが、何時の間にかミイラ取りがミイラになってしまい、今では、三瀬谷の具教に見切りをつけ、信雄支配下の九鬼氏傘下におさまって、積極的に大安宅船の建造に協力していた。
 三蔵や弟の四郎右衛門は自分たち一族が本貫地近江を離れ、海浜の辺鄙な村へ遣られたことを左遷と感じ、屈辱と思っていた。その思いは数年のうちに旧主承禎や、その原因を作った具教に対する憎悪へと変質していった。
 四郎左衛門は具教の近習であった。ある日、彼は大湊で甲鉄船造りに精を出す兄の三蔵から呼び出された。
大湊の造船場に行くと、安土から滝川一益が、将来、自分が指揮するであろう一艘の大宅安宅船の進捗状況を、配下の犬飼助三、渡辺左内、伊藤孫太夫らと視察にきていた。
 一益は、その日(天正四年十一月二十三日)、大湊七ケ村の老分衆中に宛て、信長の御命令については、大湊としても異議なく調えよと通達し、大型甲鉄船の建造に遅滞や粗略があってはならぬと命じている。
 一益一行が長島に帰っていくと、四郎左衛門はそれまで造船奉行一益の対応に忙しかった兄から密命を与えられた。
 
 翌暁、舟奉行の屋敷を出た四郎左衛門は密命を実行すべく冬枯れの熊野街道を三瀬谷の城に戻った。
 三瀬谷の城は、上三瀬(大台町上三瀬)の北方、背後に急峻な山地が迫る山腹の平坦地にあった。古来熊野街道の要衝に当たり、右折すると川俣谷、高見峠を経て、奥吉野へ通じ、西には嵩嶺幽谷の大杉谷が控え、千古の樹海は吉野・熊野に果てし無く広がって大台が原へと続いている。
 大河内合戦ののち隠居し、元亀二年にこの地に築城した具教は、彼を慕う旧臣から三瀬谷の大御所とよばれた。 三瀬谷に城を移した時、具教は与志摩に告げている。
「この場所を選んだのは、何事か起こった時には、大杉谷に引き籠もり、再起を期することが出来るからじゃ」
 三瀬谷に逼塞したとは言うもの、大杉谷の樹海に逃げ延びてまでも御家再興を願う具教の言葉を聞いたとき、与志摩は人知れず目頭を拭った。入城後、城の東に位置する茶臼山(百五十b)と西方の八幡山(百八十b)の両頂に密かに見張り台を置いて、織田の動きを監視させたのも、具教の胸中に織田の支配を脱したいという熱い思いがあったからである。
 両見張り台を上目遣いに窺いながら馬を飛ばした四郎左衛門はなにごともなかった風に三瀬谷の城に帰り、その日は何時もと変わらぬ近習の職務を果たし終えた。
 深更に及び、具教の居館山里丸の番衆も数人を残すだけになると、四郎左衛門は近習としての役目柄、臆することなく書院に入り、刀架けに架けてある主君の太刀すべてに細工を施した。
「三瀬の大御所は剣聖、塚原土佐守卜伝から『一の太刀』の免許皆伝を授けられた剣の達人、大御所に太刀を抜かせてはならぬぞ」
 これが舟奉行の兄から受けた密命の一つであった。
 四郎左衛門は刀架けから刀を外し、一刀毎に刃身を抜き出し、その後、柄だけを抜けぬように固く詰め置いて、元の場所に戻していく。
 部屋に戻った四郎左衛門はしばらく仮眠し、また暗いうちに起き出して、山里丸に通じる裏城戸二箇所の閂を抜き取った。これが兄三蔵から受けた二つ目の密命であった。
 
 その朝(十一月二十五日)、具教は夜着をきたまま置き出して、火に手をかざしていた。山間の晩秋は冷え込みが厳しく、ここ二、三日、寒い日が続いたため、具教は風邪気味である。洟をビシビシ言わせているところへ、乳母の芳が三歳の徳松を連れてきた。
 いつもならまだ寝ているはずの徳松であるが、この日に限って何故か早く目を覚ましている。
「若君、お父君に、朝のご挨拶をいたしましょう」
「徳松はまた早起きじゃのう…。…亀松はどうした…」
「まだ、お休みにござります」
 具教は毎朝、徳松と今年生まれた亀松を両膝に乗せて、にこやかに談笑するのが日課になっていた。
 当年四十九歳の具教は、まだ一歳にもならぬ亀松が愛しくてならない。しかし、この日は徳松丸を一人膝に乗せていると、四郎左衛門が伺候して、客のあることを告げた。
「加留左京、長野左京之進、森清十郎らが罷り越し御目通りを願うておりまするが…」
「早くからいったい何用じゃ…。通すがよい」
 乳母は徳松丸を引き取って下がる。
 具教は早朝の来客に三瀬谷の茶でも飲ませてやろうと釜に目を移した。湯はすでにシュンシュンと松風の音を奏でている。やがて長野、森がやって来て平伏して挨拶を始めた。
「よう来た。千代はいか……」
 具教がそこまで言いかけた時、三人目の来客加留左京が入室、立ったままいきなり抜刀した。
「御免」
 左京は叫ぶやいなや、具教に斬りつけた。
 同時に、御前の長野、森の両名も立て膝ついて抜き打ちに一刀ずつ加える。
「さては…た…」
 具教は立ち上がろうとしたが、そのまま横転して絶命した。
 その朝、隣の間に控えていた金児図書頭義正は書院からの物音に殺気を感じて、襖を開けてみて驚いた。
 三人の刺客に囲まれた主君が止めを刺されてすでに息絶えている。
「方々、お出会いなされ。殿が、殿が……」
 急を聞きつけた小泉勝吉、吉正父子、松永勘左衛門尉、芝山小次郎、大宮多芸丸、大久保清衛門、南部久内教長、今井権左衛門、稲尾雅楽助、莉木秀勝、芳清源六郎、吉田是重、金児義時、同義則らが駆けつける。しかしその時、四郎左衛門の開け放った裏城戸から柘植三郎左衛門、滝川三郎兵衛ら率いる信雄軍二百余人が山里丸に乱入して来て、切り合いになった。危険を察知した乳母は徳松丸と亀松丸を下女に抱かせて脱出を試みる。だが、追って来た織田の雑兵に二人の若君ともども斬殺された。三瀬谷で具教が討たれた時、正室お松の方は、波多の横山にある御台屋敷にいた。
 お松の方も具教と一緒に一時、三瀬谷山里丸に逼塞していたこともあったが、具教の寵愛する側室に徳松丸だけでなく、亀松丸まで誕生するに至ったため、堪えきれなくなって、仏門に入る覚悟で、侍女の浜野とお倉を連れて、再び御台屋敷で住まうことを覚悟していたのだ。
 新婚当初具教との仲も睦まじく、御台屋敷は明るくて楽しい所であった。正月が来ると田丸、坂内、大河内、波瀬の一族を招いて、松姫自慢の歌留多でよく万葉百人一首歌合わせをしたものである。
 やがて具房が誕生すると松の方は、吹黄刀自が十市の皇女の永遠を願ったという波瀬川の大岩に、子の幸せと一族の安泰を祈るようになった。しかし、わが腹を傷めたただ一人の子は病弱で肥満、成長の遅い愚鈍な子であった。
 それでも九代国司を継いだが、判断力のなさが災いして、いとも簡単に織田方に手名付けられて、疑うことも知らずに追従し、御家の将来を一層混乱させて、とうとう国司職を信雄に奪われてしまった。夫は夫で、愛する末の娘雪姫の婿に信長が茶筅丸を押しつけ、御家を乗っ取った頃から、すべてが面白くなくなったものか、わが娘の歳程の側室を寵愛して、次々に赤子を生ませている。
 お松の方にとってこれほどおぞましく感じられることはなかった。それでもお松の方は正室として一族の安寧を波瀬川の大岩に祈らずにはおれなかった。
 あの神聖な岩群は、さざ波揺蕩(たゆと)う川の清らかな流れに岩肌を洗われ、草一つ生えないで、なんと瑞々しく永久(とわ)の趣を感じさせていることか。
 川べりに立ち、大岩を見ているとお松の方のこころも洗われるのである。御台屋敷にいて、川に降り立ち、岩に祈ることが日々の救いであった。

 その日(十一月二十五日)、お松の方は、西向きの部屋に籠もり、阿弥陀経を写経していた。 
 牢人中の本居惣助が早馬から飛び下り、御台屋敷御門から駆け込んで、悲報を届けたのは、巳の刻下がりである。
「御台様、お気を確かに持ってお聞きくださりませ。今朝、田丸のお城で御次男、長野次郎具藤様、御三男、式部少輔親成様、御息女、小坂御前様(坂内兵庫頭の妻)、坂内兵庫頭具義様、千松丸様、織田信雄の手引きにより御生害なされました」
「……」
 お松の方は言葉もなくその場にくずおれた。異腹ながら北畠次男具藤十九、三男親成は十七、その幸福と長寿を波瀬川の大岩に祈願した長女小坂御前は二十三の享年、加えて孫の千松丸はわずか二才で生涯を閉じたのである。
「千代は…」
 祈るようにお松の方は、信雄に嫁した雪姫の名をかすかに口にした。
「御無事でおられます。が、織田方は三瀬谷の大御所にも刺客を放っております。ために、御心痛はなはだしく臥せっておられる由に……」
なぜこのような不幸に突然、襲われなければならぬのであろうか、
『祈ったではないか、…常処女にて、…常処女にて、と何回、吹黄刀自の歌を祈り言葉として、娘たちの幸福と長寿を祈ったことであろう…。この地に居るかぎり、朝な夕なに波瀬川に降り立って、正室として娘たちの平安を川中の大岩に祈ったではないか。この世には神も仏もおいで候はずや…』 
 一番恐れていた結果がどうして真摯な祈りの後に顕現しなければならぬのか。衝撃と絶望の中でお松の方は呻くように呟いた。
 本居惣助は、お松の方の心中が痛ましく、また、哀れでもあった。
 吹黄刀自が常處女にてと祈った十市皇女は、大友皇子を父、天武帝によって殺された後、塞ぐ心で参宮した。
 魂の脱け殻と化して鬱々とした日々を送り、数年後に自ら命を絶った。
 これと全く同じではないか…。雪姫(千代御前)は北畠の乗っ取りを画策した信長の調略によって茶筅丸(信長次男信雄)と政略結婚させられた。そして、今、舅信長は夫信雄を示嗾して妻雪姫の実父具教と兄弟姉妹、一族をことごとくこの世から抹殺してしまった。お松の方も、千代御前も、ともに命を絶つことになろう。しかし、惣助にはどうすることも出来なかった。
「私は赤桶の城の与志摩殿に直ちにお戻り頂くよう、これから迎えに行って参ります。そのあと、同志と霧山の城に立て籠もり、北畠の家臣として大御所様の無念を晴らし、一命を捨てる覚悟にござります。お悲しみの最中、立ち去ることは、はなはだ辛うござりますが、武門に生まれた者の定めとして、これにてお暇いたしまする」
 惣助はお松の方に平伏し、深々と頭を下げて最後の挨拶を済ませて赤桶城に立っていった。

 その後、お松の方は仏間に籠もって、殺された子供らの冥福を祈った。祈りながら、惣助の話から、千代御前もまた死ぬであろうと思った。そう思うと、お松の方の心は悲しみに張り裂けんばかりになった。お松の方は懐のお守り袋から、読み札と取札の歌留多一組を取り出して仏壇の上に静かに置いた。
 その後、我が心を鎮めようと再び祈り続けた。
「姫たちに永遠の命を与えたまえ…。どうか、ともに極楽往生の本懐成就がなり、同じ蓮の台に導かれますように…」
 読経を終え、仏間を下がると、侍女たちに支度を命じた。
 日頃からこのような時のことを、よく言い聞かされていた二人の侍女は、主人の最期に粗相があってはならぬと気を配った。
 お松の方の頬を幾筋かの涙が伝っていく。
 無言のまま白無垢に身を包んだお松の方はふたたび仏間に入ると静かに襖を閉めた。
 本居惣助の知らせを受けた佐々木与志摩が赤桶の城から御台屋敷に帰り着いたのは、夜もかなり更けてからである。
 不吉な予感は、赤桶から御台屋敷に向かう途上、ずっと与志摩の身に取り着いて離れない。案の上、御台屋敷には漏れ来る光もなく、ひっそりと暗く閉ざされていた。しかし、門は開けたままになっている。襖が開いているのを不審に思いながら、面玄関の式台から上がった。暗い座敷内を二、三歩いくと何かに躓いてよろけた。
 台所へ行き、手燭に明かりを灯して屋敷の内を点検すると、先程足に触れたのはお倉の亡骸であった。
 もう一人の浜野も仏間の入り口で息絶えている。仏間には布団が敷かれ、お松の方が仰向けに横たわっていた。
 亡骸の上に、白い何かが撒かれたように散っていた。よく見るとそれは万葉百人一首歌留多であった。
「遅かった…」
 与志摩は赤桶の城に詰めていたことを後悔した。
「松姫様を守り抜くことこそ、女佐の臣としての我が役目であったはず…。御台様、肝心な時に居合わせずに…申し訳ござりませぬ……与志摩が…姫を……」
 与志摩は嗚咽すると松姫の亡骸に手を合わせ、六字名号を繰り返し唱える。
 やがて、開け放たれている縁側から、冷たい風が音を立てて部屋の中に吹き込んだ。破れるはずのない戸障子が破れて風に翻っている。風は部屋の中に霙を運んで来た。与志摩は手燭を畳の目に近づけて隅々まで調べてみた。
 何人かが土足で踏み込んでいる。侍女たちは刺し違えて死んだのではなかった。
『御台様御自害の後、刺客が二人の侍女を襲ったのだ。…お浜もお倉も死を覚悟していたのに。…何と無慈悲な…』
 与志摩はお松御前の遺骸を担ぐと波瀬川を渡り、鳥沖を通って波多の横山に登った。
 侍女二人の亡骸を山頂に運び終える頃には空が白んできた。
 見下ろすと波瀬川の清流が白く輝いている。その流れの畔に御台屋敷があった。辺りに美田良田が広がっている。
 その昔、一志頓宮が置かれていた所だ。ここが一番見晴らしのいい場所だと与志摩は思った。
 伊勢の海から登った朝日が与志摩の頬を染める頃、お松御前と二人の侍女は波多の横山の山頂に埋葬された。
 後世、地元の人はこの山を誰言うこともなく『御前山』と呼ぶようになる。

 お松御前と二人の侍女を波多横山の山頂に埋葬した与志摩はふたたび御台屋敷に戻った。刺客に踏み荒らされた部屋を片づけるためである。
 仏間に入って倒された衣架を立て、文机の経文を整理し終えて、散乱する歌留多を拾い集めて螺鈿の箱に戻し、仏壇に置いた。
 するとその時、与志摩の耳に、末期のお松御前の声が囁いた。
『この歌留多を形見として兄上に…』
 螺鈿の漆箱を袱紗に包んだ与志摩は御台屋敷を閉ざし、馬を引き出して音羽へ駆けた。
 北畠一族の悲惨な最期は被官人丸山半蔵によってすでに承禎のもとへ知らされていた。しかし、御台屋敷に住む松姫の安否だけが誰にもつかめないでいた。
「妹はどうした」
 与志摩の顔を見るなり承禎は問う。与志摩は心から詫びた。
「…私めがいたらぬばかりに…、松姫をお守りすること叶いませなんだ…」
「そなたの責任ではない。一族のすべてが信長の粛清に遭ったのじゃ。松姫だけがどうして一人、生き延びることなどできようか…」
「…慎に申し訳ござりませぬ」
 深々と平伏した与志摩は、やおら上半身を起こし、思い出したように袱紗(ふくさ)を開いて静かに中の品々を取り出した。
「松姫様のご位牌とお形見の品々にござります」
 位牌には銀文字で『建門院満池宝蓮大姉』と刻まれている。逆修を行った松姫が生前に残した位牌であった。
 形見の品々が入っている螺鈿の箱を開くと、一番上に刀自の歌があった。尊鎮法親王の筆跡も鮮やかに、

 かわのへの ゆついわむらに くさむさず つねにもがもな とこをとめにて

と記されている。
 裏には土佐光茂の描く涼やかな十市皇女の絵札が添えられていて松姫の血潮が紅く着いていた。
 承禎は形見の品々をじっと見入った。すると、絵の中の十市の姿が松姫と重なった。
 承禎の口から嗚咽が迸(ほとばし)る。
「…この歌に支えられて…松は生きてきたのじゃ……。この歌留多は姫を偲ぶ縁(よすが)として、…そなたに授けよう。…どうか姫の菩提を弔ってやって欲しい……」
 慟哭に、やがて声は押し潰された。


第六章へ ←    第七章    → 第八章へ
Copyright 2006 Ichisi Akituna_comm ALL Right Reserved..