本格エンターテイメント時代小説作家:風一
K's-Agencyメンバーログイン 本格エンターテイメント時代小説作家:一志晶綱へのお問い合わせ
本格エンターテイメント時代小説作家
 
 

エピローグ

 かつて、一志の御台屋敷で北畠具教の正室多気のお方(松姫)を捕らえ、戦後、坂内の城まで護送した秀吉の与力・滝孫八郎は、父一政が尾張中村城主小出讃岐守政忠の養子になり、一族の産土の地尾張中村の地名を取って中村と名乗ったので、滝姓を棄て中村彦左衛門一榮と称した。
 熟達した鉄砲部隊を率いて中国戦線で名を上げた中村一氏・一榮の兄弟は、堀秀政とともに秀吉の命を受けて、天正十三年の甲賀小佐治の佐治為祐を攻撃することになった。
 甲賀武士を率いて根来討伐に参戦した佐治為祐は、水攻めを行うため紀ノ川の堤防工事を命じられたが、工事が遅滞したため勝機を逸したとして秀吉に責任を問われ、甲賀の自城と領地を没収されたのである。この過酷な所領没収は、甲賀武士が徳川家康に靡くのを防ぐための措置であった。為祐は滅ぼされるを覚悟で一族郎党と佐治城に立て籠もり秀吉に抵抗する。
 甲賀の土豪三雲新左衛門成持・成長父子には盛んに徳川の触手が伸びている時世である。秀吉は一氏に水口六万石を与えると約束して、中村兄弟に佐治城を攻撃させた。
 佐治為祐は奮戦したが攻め立てられ、衆寡敵せず、たちまちのうちに佐治城は陥落の憂き目を見た。城主為祐は自害、奥方は夫と命運をともにするため城内の枡形池の汀に立ち、いよいよ入水の時、懐剣を胸にあてて叫んだ。
「私は死んでこの池の竜神になろう。干天で水を欲する者はここに来て雨乞いをするがよい。必ず雨を降らせるであろう」
 佐治を下した五月八日、一氏は約束どおり甲賀郡を与えられた。秀吉は勤皇の志厚い光秀を主殺しの汚名を着せることによって武家社会から抹殺した。近衛前久を強迫して彼の猶子になり、勝てば官軍の言葉を絵に描いたように実践する。
 念願の関白に任官したのは天正十三年七月であった。その時、中村一氏も従五位下式部少輔に任じられた。
 弟一榮は兄に付属し、二人は天正十八年まで水口にいたが、秀吉の関東平定後、兄一氏は徳川の押さえとして駿河一国を拝領、府中十七万五千石の城主となり、弟一榮も駿河沼津三万石の大名になった。
 一氏の旧領地甲賀小佐治の領民たちは、中村兄弟移封後も日照り続きで田が涸れると、松明を翳して枡形池の畔を巡って、『雨たもれ、雨たもれ』と佐治の奥方の化身、池の竜神に雨水(あまみず)を乞い続けという。

 慶長五年六月十八日、家康は伏見城守備に鳥居元忠、内藤家長、松平家忠らを残留させて、会津討伐のため出陣した。
 二十四日、小夜中山を越えて掛川に到着、山内一豊の饗応を受け、駿河島田に宿泊、二十五日は丸子に到着して、病床に伏す中村一氏を見舞い、清見寺に宿泊日する。家康が駿府城に立ち寄ったのは一氏の病気が本物か確かめることにあった。
 しかし、一氏は家康の来訪に感謝し、病気の自分に代わって弟一榮を陣代となし嫡子一学(十歳)に四千三百五十の軍勢をつけて参陣させることを約束する。
 翌二十六日は沼津に到着して中村一榮の饗応を受け、三島に宿泊した。一榮は家康の接待が済むと、兄の約束通り戦備を整え、一学とともに家康の後を追った。中村一氏は一榮・一学らが江戸在陣中の七月十七日、駿府城で病没してしまう。
 九月一日、家康は三万の兵を率いて出陣、十四日に美濃赤坂に到着した。この日、中村一榮は兄の本隊四千三百五十を率いて杭瀬川の西、岡山の東南、東牧野に布陣していた。
 その眼前に突如、西軍五百騎が現れて、攻撃を仕掛けた。家康着陣の報に動揺する大坂方兵士を落ち着かせる目的で石田三成家臣島左近が蒲生郷舎と組んで仕掛けたのだ。島左近に率いられた五百騎は、杭瀬川を渡り、一榮隊の前で苅田をし、さらに、東軍陣所近くに放火して挑発する。これに誘い出された一榮は柵を開き、伏兵が潜むのも知らず深追いして退路を絶たれてしまった。
 苦戦する一榮勢を見た東軍有馬豊氏が、直ちに救援に駆けつけたが、迂回して来た西軍明石全登の部隊に集中射撃を受けることになって、これもまた苦境に陥った。
 岡山の陣所からこの戦いを望見していた家康は、一榮が左近の計略にまんまとはめられたことを知り激怒する。
「大事の前に、かかる小戦をなし、兵を損じるとは何事ぞ」
 この戦いで一榮(孫八郎)は、兄の家老野一色頼母助義はじめ大将首九十二、雑兵首百五十四を失ってしまった。本戦の前に陣代一榮は大きく躓(つまづ)くことになる。小戦ながらこの戦いが関が原戦における西軍の唯一の勝ち戦になった。
 多くの将兵を失った上、秀忠の着陣遅れに苛立つ家康にしこたま叱責されることになった一榮は、妹婿で駿河田中城主(藤枝市)横田内膳村詮に陣代としての権限を委譲した。中村勢は本戦では、池田輝政、山内一豊、有馬氏豊らの隊に合流し、毛利の押さえとして南宮山の麓に布陣している。
 戦いが終わると、一榮は責任を取り慶久寺(沼津)にて逆修の仏事を行い、法名を満祥寺殿大岳周碵大居士と号して隠居を申し出た。

 十月十五日、家康は東軍諸将の論功行賞を行った。中部日本に居城した秀吉子飼いの勇将らは石高を増やされ、名誉を与えられて、九州、山陰、四国へ追われた。例外は池田輝政の播磨姫路城五十二万石ぐらいのものであった。
 この日の論功行賞で家康は中村一学の後見人に横田村詮を指名し、一学に伯耆米子十七万五千石を与えた。家康が一氏の功績を評価したためである。
 しかし、三年後、横田は讒言を信じた一学に惨殺された。また、一学自身も慶長十四年、二十歳若さで急死して、外様大名中村家は無嗣断家になった。歌舞伎の中村勘三郎家は一政の三男右近重友(蜂須賀家付家老)の末裔といわれている。
 
 家康の逆鱗に触れた一榮は敗軍の将としての責任を取り、お役免除を申し出て許され、無主牢人となって、名を一継とあらためて、諸国漫遊の旅に出た。
 鈴鹿を通り、甲賀滝の故郷を経由して伊勢に出、雲出川を逆上り、波多の横山の地にやって来たのは九月の二十日過ぎである。
 波瀬川の畔には曼珠沙華の一群が真っ赤に燃え立っている。
 そういえばあの日もこの川の両岸には鎮魂の曼珠沙華の一群が目を染めるように真っ赤に咲き誇っていた。
 そしてその華は御台屋敷の松のお方の仏間を深紅に埋め尽くしていた。
 かつて、兄弟この地で奮戦し、その後、武運に守られ一族は上昇した。その頃、兄弟の若き血潮はふつふつと煮え滾り、気力は体内に満ち満ちていた。
 あの時、兄者の通告によって捕らえられた北畠の御方様は、山間の夜道を馬の背に揺られて、大河内城まで運ばれた。
 わしはその都度、馬にお乗せ申したが、馬上の奥方は凜として、何と清楚で健気な女性であったことか。
 聞けば滝家累代旧恩の姫君であったとか。およそ三十年の歳月が経過している。
 孫八郎が、己が身に老いを感じ始めたとき、この地が身を焦がすほど懐かしく感じられたとしても少しも不思議ではない。
 孫八郎は波瀬川の畔に立ち、しばし川中の大岩を眺めて己の半生を思い浮かべた。
 自分は何と多くの罪なき人々を殺めたことか。越前に侵攻して逃げ惑う一揆衆を掃討、原田直政や明智光秀らと競い合うように、女子供に至るまで多くの者たちの首を無残にも刎ねた。上月城陥落の際、秀吉の命ずるままに降将たちの首を刎ね、見せしめのために、婦女子二百人を磔、子供は無慈悲にも串刺しにした。兄が太田城に使いした時、兄の兵五十余人が討ち取られたのを、報復として、開城の際、同数の降将の首を刎ね、女房二十三人を磔にした。枚挙に暇ないほどの残虐行為を繰り返してきたものである。
 岩肌を波打つ波瀬川の清流は己の罪穢れを洗い清め、流し去るとともに、人の心を再び蘇らせてくれるようであった。孫八郎は手にかけた無垢の民の冥福を川中の大岩に祈った。
 その日から孫八郎はこの地に住み着くようになった。しかし、自分が東軍にあってただ一人負戦(まけいくさ)の憂き目にあい、身を引いた武将であることは終生隠し続けている。
 何が孫八郎をこの地に導いたのか知る術もないが、人生の晩年において、すべてをなげうってこの地に落ち来った者には、戦いに死んでいった人々の御霊を鎮めることが生きることの目的であったに違いない。それはまた、波瀬川の大岩に、乱世に倦み疲れた己が心を鎮め癒そうとする行為でもあった。
 この地に住み着くようになってから、松姫が、日がな一日、暇さえあれば波瀬川に降り立ち、水に、川に祈っていたことを村人から伝え聞いた。その話を聞いた時、孫八郎は、同じように水に祈った薄幸の奥方をもう一人思い浮かべることが可能であった。それは兄弟で攻め滅ぼした甲賀小佐治の佐治美作守為祐の奥方である。
 孫八郎は小佐治の奥方に同情したが、粛清された北畠一族も憐れだと思い、悲惨な最期を遂げた松姫にも同情した。
 土地の者は言う。北畠が滅亡した時、一天にわかにかき曇り、山川鳴動して、白竜天より下った。その瞬間、波瀬川が源を発する矢頭山中に忽ち巨大なる竜石が出現したと…。
 その伝承を聞いた孫八郎は、お松御前に水神としての神格を与え、埋葬の地を『御前山』と呼ぶことにした。
 お松御前を辰御前に置き換えてその悲惨な死を伝え、戦乱の世に虚しく消えた佐治の奥方と松姫の冥福を同時に祈ろうとしたためである。それはまた戦国の世に無辜の多くの人を殺戮した己が罪を許し乞う営みでもあった。
 
 足利義昭が鞆津から帰洛出来たのは天正十五年になってからである。この年の三月一日、島津討伐のため大坂城を出陣した秀吉を、備後赤坂に出迎えて恭順の意を示すことでようやく許された。
 将軍後見役を勤めて佐々木義堯を名乗った承禎の長男義治は、義昭が帰洛を許された年、真木島昭光ら側近とともに帰京した。義治は出家して法号を鴎菴玄雄とし秀吉に帰服、お伽衆の一員に加えられた。秀吉が小田原北条氏包囲の陣中に津田宗及などを招いて開いた天正十八年(一五九〇)五月の茶会や慶長十二年(一六〇七)五月、相国寺の作事を検分にきた片桐主膳正貞隆を寺側が接待した茶会に相伴衆として参加している。

 義昭や義治を頼りにして鞆津に滞在していた北畠具親の遺児鞆麿は、彼らと一緒に帰京することが出来なかった。
 母代わりになってずっと面倒を見てくれた久野姫が病に伏していたからである。久野姫はむろの木に敬慕する五郎信景の武運長久を祈ったが果たせなかった。悲報を受けた頃から体調を壊し、胸の病は悪化して、すでに動かすことが出来ないほどの容態であった。

 義治が帰京して間もなく、鞆津の久野姫を尋ねて、伊予今治の領主小川土佐守祐忠の使いの者がやって来た。小川祐忠は通称孫一郎といい、元亀二年までは小川城主として六角の家臣であった。秀吉に仕えた孫一郎は伊予今治七万石の大名になっている。
 義治はお伽衆に加えられたとき、謝辞を述べるため、義昭とともに大坂城に秀吉を訪ね、帰洛の挨拶をしたが、城内で小川祐忠にあい、久野姫や鞆麿の面倒を依頼していたのである。
 ところが、文禄三年、久野姫は病に倒れ、鞆津で帰らぬ人となった。
 祐忠は久野姫の訃報を義治に伝えて、残された具親遺児鞆麿の身の振り方についても面倒を見る約束をした。
 使者を鞆麿のもとに遣り、心中を訊ねさせると、
「両親とも伊勢で果てたのであれば、伯母の遺骨も伊勢に持ち帰り、ともに菩提を弔おうと思います」
 鞆麿は使者に胸の内を淡々と語った。祐忠は義弟・一柳直盛(尾州黒田城主)にも鞆麿のことを話していた。
 鞆麿が伊勢に帰ったのは、関が原の戦功で、直盛が桑名城主になって後のことである。
 直盛は鞆麿の願いを聞き入れ、北伊勢員弁郡の志礼石に土地を与え、郷長に任じた。藤堂家の無足人、紀州藩の地士と同格の扱いで処遇したのであった。その時、亀千代は鞆麿とともに伊勢に帰ったが、金児明応丸は、津之郷深津に残ってその地に帰農した。鞆麿は慶長五年十一月に鞆津より志礼石に移住した。
 この年、鞆麿は二十一歳になっている。成人して名を具成と改め、屋敷内に祖廟を築き、先祖、並びに父母、伯母の御霊を鎮めたという。鞆麿の築いた塚は三朝塚と呼ばれて明治期まで実在したが、その後の土地改良事業で姿を消した。       

                   終わり


第八章へ ←    エピローグ    → 小説TOPペーシへ
Copyright 2006 Ichisi Akituna_comm ALL Right Reserved..