本格エンターテイメント時代小説作家:風一
K's-Agencyメンバーログイン 本格エンターテイメント時代小説作家:一志晶綱へのお問い合わせ
本格エンターテイメント時代小説作家
 
 
プロローグ

 天地人 三の次第を 知るならば 上を敬い 下をあはれめ 

 武備百人一首で詠んだ佐々木定頼の歌である。
 しかし、人質であった今井の幼児を無残にも処刑してしまったことを後悔し、後世の良くないことを覚悟して、天文二十一年正月二日に臨終の床についた。
 将軍家の強力な庇護者定頼が死ぬと、暗殺を恐れた細川晴元は心月一清と号して一旦は若狭に逃れたが、やがて香西元成や三好政勝などを糾合して陣営を立て直し、頻繁に洛外に出没してゲリラ戦を展開するようになり、佐々木義賢に出兵を要請するまでに回復した。
 義賢が定頼の遺訓に背いてまでも晴元に与力することにしたのは、浅井に勝利した直後のことであり、芥川孫十郎が晴元に同心、八上城の波多野備前守らと連合して、八木城の内藤貞正を亀岡に破ったからである。晴元が蜂起すると、長慶も八月一日早朝、河内、和泉、大和、摂津、紀伊の二万五千を率いて上洛、両軍は対峙した。辰己の刻(午前九時)、将軍義藤、晴元連合軍は、霊山城を出て船岡山に布陣する。この時、高屋城の河内守護畠山高政と遊佐長教暗殺後守護代になった安見直政、それに遊佐長教の遺児信教は長慶に従わず、船岡山の足利義藤の陣営に馳せ参じた。
 大軍を率いて入洛した長慶は、まず霊山城を攻略して城内に火を放ち、城を完全に破壊してから、船岡山の将軍陣営を攻撃した。
 晴元の蜂起は惨憺たる結果に終わった。圧倒的多数の長慶勢に押しまくられた将軍義藤は杉坂に退却、丹波を経由して近江竜華(大津市)に逃れた。そこで晴元と合流して暫くの間、坂本に滞在していたが、三好軍の脅威に耐えかねて八月三十日、再び朽木谷へ退いていった。義賢は加担した高屋城主畠山高政や安見直政、遊佐信教らを近江に庇護するため一緒に観音寺城に戻った。こうして将軍義藤の在京は、わずか二年で中断した。
 長慶は京都を制圧すると幕府奉公衆、奉行人らの責任を問い、将軍義藤に従うものの知行をすべて没収した。幕府直轄領の山城も没収、段米や棟別銭の賦課、及びその徴収権、それに一国五十余郷の夫役挑発権なども長慶の手に握られ、事務は代官松永久秀が執り行った。
将軍家が朽木谷に没落してしまうと、禁裏料までが次々に押妨され、幕府に依拠しない長慶政権が成立した。
 晴元はふたたび心月一清にもどり、朽木と観音寺城を往復し態勢の建て直しに努めたが、京都では長慶政権が最盛期に入ったため、朽木谷の将軍家とともに問題にされることもなかった。対立勢力の衰退により、街には平和が訪れる。

 戦乱のない比較的おだやかな天文二十三年のこの時期、義賢は祖神を祭る沙々貴神社の修築を思い立った。修理奉行に平井三郎左衛門尉、狛忠左衛門尉の両名を、惣官に木村左近太夫を任命して、修築工事を行うことにした。
工事も半ば進んだある日、滞在中の晴元を誘い観音寺城の南にある佐々木庄の神社に出向いた。新しくふきかえた正殿屋根の棟瓦や軒瓦に刻まれている正四つ目の佐々木氏定紋を仰ぎ見て晴元がしみじみと言う。
「のう、義賢殿、戦乱のこの時節、祖廟を修築出来るそなたは幸せものでおじゃるよ。このわしなど京兆家の家督は二郎に奪われ、京都を追われて祖廟を遠く離れ流離う流浪の身、氏神を祭りとうてもそれは叶わぬ。おまけに聡明丸は人質として三好の手にある。義賢殿、わしは己の身を嘆いているのではない。祖廟を遠くはなれ捕らわれの身となっている聡明丸にすまぬと思うだけなのじゃ」
「聡明丸はワシの可愛い甥子でござる。その身はワシとて常々気にかけており申す。したが、こたびの戦いで、斬られもせず無事であったことは喜ばねばなりませぬな。生き長らうることさえ出来るなら、いずれは細川の名跡を継がれる身。それがあの時の和睦の条件でござりました」

「わしが蜂起しても聡明丸には指一本たりとも触れなかった長慶には礼を言わねばならぬ立場なのかもしれぬ。これが亡き舅殿のようなお人なら定清の嫡子同様聡明丸も今頃この世にはいなかったであろう…。じゃが、聡明丸が生きて有る限り、わしは己の力で聡明丸を復したいのじゃ。出家し一清と名乗る今のわしには付き従う者もない。頼れるのは妻の里方だけじゃ。義賢どの、聡明丸のためにも良しなにお願い申す」
 晴元は傍らの庭に花開いた曼珠沙華の一群にぼんやりと目を遣り、静かに落剥の痩身を揺(た)蕩(ゆた)うていた。
 その時、城から右筆の建部賢文が下りてきて急を告げた。
「たった今し方、本願寺大僧都大納言光教様身罷られた由に」
「なに、証如殿が死んだと。まだそんな歳ではあるまいに」
 義賢より晴元の方が驚いた。
「四十路にはなっておられますまい」
「急に身罷られたか。証如殿には桜子が嫁ぐ日まで生き長らえてもらたかった。のう、義賢殿」
「左様でござりまするなあ」
「こうなったからには茶々殿と桜子の婚礼を取り急がねば。長慶めに邪魔立てされても困る。ところで茶々殿は幾つになられた…」
「桜子と同じ生まれ年ゆえ、たしか十歳になったばかりでは…」
「十歳では早すぎるのう。せめて、元服の十五までは待たねばなるまい。あと五年か」
「姉婿殿、それまでにもっともっと力を蓄えねばなりませんな。どれ、私は城へ戻り桜のご機嫌でも伺うといたしまするか…」
 沙々貴神社の修復が成ったのは、その日より三ヵ月ほど経った天文二十三年十一月三日である。しかし、その頃の義賢は晴元の言った『祖廟を遠く離れて流離う流浪の身』こそ、晩年の己(おの)が身であろうとは思ってもいなかったのである。

 館に帰ると、桜姫、初姫、波野姫、久野姫が乗馬服に身を包み、義賢を待っていた。
武家の姫君は乗馬の技術くらい身につけておく必要があるとの義賢の発案で三日ほど前から始めることにしたのだ。
姫君たちは馬術を習うには丁度よい年頃であった。姫君たちを連れて馬場へ向かうと、下の方から子供たちの明るい声が響いてきた。馬場には厩から馬を引き出して乗り回している二人の少年がいる。
「雪夜叉丸様と虎千代様がもう来ている…」
 波野姫が義賢の顔を見上げるようにして言った。姫君たちに馬術を教えるようになった初日、義賢は四人の姫君と雪夜叉、それに虎千代にそれぞれ馬を与えた。
 二人の少年は馬をもらった喜びで、義賢が馬場に下りてくるのが待ち遠しいという様子で、早くから馬を出して乗り回している。
 雪夜叉丸は畠山高政の息男で当年七歳、虎千代は遊佐長教の次男で当年八歳である。二人は高政が長慶に反旗を翻し、安見直政、遊佐信教らと義藤の陣営に参陣した時に一緒に連れて来られた。
 この時期、義賢は多くの子弟を観音寺城に保護している。皆、義藤を奉じて朽木谷へ逃れた武将たちの子弟であった。預かったのは好意からだけではない。味方を裏切らぬための人質としての意味もあった。その子弟の中の一人が雪夜叉丸であり、虎千代である。
 義賢が馬場へ下りていくのを目ざとく見つけた二人の少年は、お屋形様の期待に答えようと、敏捷に馬を引いて駆け寄った。
 左馬之介、修理之丞、與次郎、弥左衛門らがそれぞれ厩から姫君たちの馬を引いてきた。二頭が葦毛、二頭が栗毛である。姫君の乗馬であるから四頭とも穏やかな気性の馬が選ばれていた。
「先ず、桜から始めよう。姫は坊主将軍といわれる本願寺に嫁ぐ。今のうちに確と馬術に上達しておくことじゃ」
 義賢は桜姫を踏み台に乗せると、先に馬に跨り、鐙に姫の足を掛けさせて、手を引いて手綱を持たせた。
「では行くぞ」
義賢は馬の腹を軽く蹴る。二人を乗せて栗毛の馬は静かに歩き出した。桔梗の花が優しく馬の脛を打つ。
一周目は並足でゆっくりと、二周目は早足で颯爽と駆けさせた。姫たちを指導しながら、父定頼から同じように指導を受けた子供の頃を思い出していた。姉の晴元室、頼芸室、武田信豊室、妹松姫の四人の姫のなかで男子は自分一人であった。父の指導は厳しいもので男女の区別をつけなかった。あの時も、四人の姫たちは美しく凛然として馬上にあった…。
二周終わると、初姫、波野姫、久野姫にも同じ要領で馬場を回る。馬上の姫君は今も、凛として、初々しく輝いている。
姫たちの後を雪夜叉丸と虎千代が楽しく、元気よくお供した。
 義賢による姫君たちの馬術指導は桜姫が顕如に嫁ぐ直前まで、暇を見つけては繰り返し行われた。雪夜叉丸と虎千代はその後も、親や兄に引き取られて河内へ帰るまで、義賢に実戦的な大坪流馬術(開祖、大坪式部大輔慶秀)の指導を受けている。


小説TOPペーシべ ←    プロローグ    → 第一章へ
Copyright 2006 Ichisi Akituna_comm ALL Right Reserved..